増刷決定! そして、さようなら!

おかげさまで、初版1万部は瞬く間に売れ、
『焼くだけのお菓子 Vol.2』が増刷されることになりました。
それもこれも、皆様のおかげです。

さて、今年の2月から始まりましたこのブログですが、
今日をもちまして、終了することになりました。

今後はベターホーム編集室マメ子による、
『作っておくと便利なおかず』製作blogを、引き続きご愛読ください。
コメントも、どんどんお待ちしております。

次回は<『焼くだけのお菓子 Vol.3』製作ブログ>(←何年後?)で、
またお会いできたらと思います。
長きに渡って応援していただき、本当にありがとうございました!

心をこめて、
愛をこめて、
尊敬をこめて、
ゼブラより。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-12-28 11:24 | お知らせ

Merry Christmas!

先週末、皆様はどのように過ごされましたか?
ゼブラは23日(イブイブですね)に、友人宅の鍋パーティに行ってきました。
そこで、持参したのが、これ。
クリスマスにはやはり、ブッシュ・ド・ノエルです!
f0054016_945488.gif

『焼くだけのお菓子 Vol.2』の製作が始動してからというもの、
「はっ、そういえば私、焼き菓子以外のお菓子を全然作ってないじゃん!」と思って。
そりゃあ、かんたんに作れる焼き菓子は、すごーく魅力的ですけど、
たまには、こういう凝ったお菓子もいいですよね。
友人宅にはお子様がいるので、デコレーションは童心に帰って、ちょっぴり派手めに。

参考にしたのは、ベターホーム実用書シリーズの中の『お菓子の基本』。
このブッシュ・ド・ノエルは、スポンジ生地の中に、コーヒーの粉末が入っているんです。
インスタントコーヒーを加えるのはよくありますけど、粉末をそのままって珍しい!
味のほうも、好評でしたよ。
『お菓子の基本』には、ほかにもシュークリームや、シャルロット、オペラなど、
一度は作ってみたい、憧れのお菓子がいっぱい出ています。もちろん焼き菓子も。
『焼くだけのお菓子1・2』とあわせて、こちらもオススメでーす。

え、肝心のイブ当日ですか?
家でビール飲みながら、M-1グランプリを観てました。ええ・・・勿論ひとりで・・・。
ちなみに、私の事前予想は、
1位フットボールアワー、2位麒麟、3位チュートリアルでした。
順位こそ外したけれど、いいセン突いてましたでしょ?
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-12-25 09:51 | その他

メディア席巻中?!

発売から、もうすぐ2か月の『焼くだけのお菓子 Vol.2』ですが、
おかげさまで、メディアでも、たびたび取り上げていただいています。

先週日曜日の朝日新聞を、ご覧になった方はご存知かと思いますが、
なーんと、カラー写真付きでドーンと紹介されちゃいました(朝日新聞さんのHPにも出ています)。
そのちょっと前には、読売新聞の大阪版のほうでも。
こちらも、カラー! しかも、スペースがでかい!
内容についても、かなり詳しく紹介してくれています。

f0054016_10445057.gif


















こんな日本を代表する大新聞社、
しかも、2紙でとり上げていただけるなんて、ほんっとーに光栄です。

ベターホームの広報担当者によれば、
これだけ毎日たくさんの本が発売される中で、
各メディア、しかも、新聞でとりあげてもらうのは、なかなか難しいとのこと。

仕事ばかりの、色気のない1年でしたが
(いやいや、色気のないのは今に始まったことではないのですが・・・)
この年の瀬に来て、神様からの粋なプレゼントかなあ・・・なんて思っています。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-12-22 10:50 | お知らせ

ハヤカワさん、お疲れ様でした!

この本の功労者、
前回のヨシダさんに続き、
ハヤカワさんからは、このようなコメントをいただきました。
「試作に試作を重ねてつくった<おいしいケーキ>が、こんなきれいな本に出来上がって感激です。たくさんの方にお菓子を手作りするたのしさをこの本から感じ取っていただきたいです。」
そして、ハヤカワさんが開発したお菓子の中で、
ゼブラのイチオシは、迷いに迷ってコレに決まり!
「洋なしとコーヒーのケーキ」です。

f0054016_9354734.gif
















ちょっと驚くほどに苦味のきいたケーキ生地と、
洋なしのやさしい味が、なんとも絶妙なバランス。
コーヒーと一緒に食べたい、大人の味です。

実はコレ、当初は私がほんの思いつきで発言した、
「アップサイドダウンケーキ」のようなものを想定していたのです。
それを何とか形にしようと、何度も何度も試作を繰り返してくれたハヤカワさん。
でも、洋なしはパイナップルと比べて果肉がやわらかいためか、
何度トライしても、底に洋なしがくっついてしまい、うまく型からはずすことができなかったそう。
「じゃあ、イチから考え直そう・・・」と、ハヤカワさんがお家で焼いてきてくれたのが、
この「洋なしとコーヒーのケーキ」。
その試作品をひと口食べて、その美味しさに卒倒!
「予定変更!これで行きましょう!」と即決したのでした。
私のひょんな思いつきのせいで、
ハヤカワさんにはずいぶん遠回りをさせてしまいましたが、
そんな苦労話をもつ、思い出のケーキでもあります。

それから、100円くらいで買える缶詰の洋なしを使っているので、材料費が非常に安い!
実はそれも、気に入っている理由のひとつだったりします(笑)。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-12-19 09:40 | 苦労話

新ブログが始まります!

さて、今回の更新は、
「ハヤカワさんのコメント&ゼブラのオススメお菓子(byハヤカワさんレシピ)」の予定でしたが、
その前にちょっとお知らせ。

今日から、ベターホーム編集室「マメ子」による、
『作っておくと便利なおかず』製作blogが始まります。
『作っておくと便利なおかず』(仮題)は、「日持ちのする常備菜」を集めた本。
常備菜って、作っておくと本当に重宝しますよね。
そちらのブログでも、みなさんのご意見をどんどん取り入れたいと思いますので、
「私の家では、こんな常備菜が大活躍しています!」といったアイディアや、
「毎日のお弁当作りが苦痛。お弁当に使える常備菜を教えて!」といったお悩みなど、
そちらでもたくさんコメントしてくださいね~。

では、次回こそ、
「ハヤカワさんのコメント&ゼブラのオススメお菓子(byハヤカワさんレシピ)」をお届けします。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-12-01 15:13 | お知らせ

ヨシダさん、お疲れ様でした!

『焼くだけのお菓子 Vol.2』完成の立役者は、なんといっても、
レシピ開発&製作を担当してくれたヨシダさん&ハヤカワさん。
2人とも本当にありがとうございました。

ヨシダさんからは、このようなコメントをいただきました。
「制作に参加させて頂きまして光栄に思いました。
やっぱりお菓子の本って見ているだけでも幸せを感じますね。
このVol.2も少しでも多くの方のお役にたち可愛がって頂けたら良いなと思います。」


ヨシダさんが開発したお菓子のうち(どれも素晴らしく美味しいのですが)、
ゼブラのいちばんのお気に入りは、コレ。
「NYチーズケーキ」です。

f0054016_1835169.gif












一見、フツーのチーズケーキのようですが、実は土台の部分に秘密が!
一般的なベイクドチーズケーキの土台は、
プレーンなクラッカーやビスケットを砕いたものに、溶かしバターを加えて固めるのですが、
このレシピではバターを使っていません。
その代わりに、チョコレートでコーティングされたビスケットを使います(マクビティとかね)。
これを細かくしてから電子レンジにかけると、チョコの部分がほんのり溶けて、
い~い具合に、つなぎになってくれるのです。
チーズ部分は勿論のこと、このチョコ風味の土台の美味しいことといったら!
「一日一善」ならぬ「一日一チョコ」を座右の銘にしている(?)私にとっては、まさに至福の味。
また、バターを使わない分、カロリーも抑えことができます。
(ま、高カロリーであることに変わりはないのですが・・・ははは)

でも、この一石二鳥アイディア、
最初にレシピを受け取ったときは、
「プレーンビスケットの間違いでは? そして、バターは使わないの??」と、
思わずヨシダさんに電話して確認しまったほど、実は半信半疑だった私。
タネを明かされたときは、「なるほどぉっ!」とヒザを叩きまくりでした。
みなさんもぜひ、作ってみてくださいね。

次回は、ハヤカワさんのコメント&ゼブラのオススメお菓子(byハヤカワさんレシピ)です。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-11-21 14:04 | 苦労話

おかげさまで、好評です。

発売から2週間。続々と嬉しい便りが届いています。
今日はその一部をご紹介いたします。

●かんたんなお菓子が多くとても良い。家庭で作るお菓子は限られた時間の中での場合が多いので、こういった本はうれしい。(34歳・目黒区)

●どれもこれも作ってみたい、食べてみたいお菓子ばかりです。それに家にある材料で作れそうなところが気に入りました。(44歳・札幌市)

●簡単にできる内容でとてもいい。写真もきれいで見ているだけでもあきない。最後にパウンド型用の分量が載っていたのはうれしかった。(35歳・葛飾区)

●以前に購入した『焼くだけのお菓子』が、どの本より役に立っていたため、他にないかと探していたところ、いつも買う本屋で「Vol.2」を見つけ、すぐに購入しました。(37歳・横浜市)

そうそう先日、私がたまたまベターホームの教室のショップにいたときに、
「発売をずっと楽しみにしていたんですよ!」と、買ってくださったお客様もいましたっけ。
このブログのこともご存知だったので、
あまりに嬉しさに、思わず「私がゼブラです!」と名乗ってしまいました(驚かせてスミマセン)。
こうやって実際に読者の方々の感想を聞くと、
それまでの苦労も、ウソのように吹き飛んでしまいます。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-11-16 17:39 | その他

書店めぐり

本を作っていると、感動する場面というのは多々あるのですが、
この「書店に並んでいる光景」を見るというのは、
また格別に感慨深いものがあります。

これまで毎日のように眺めていたものが、
ちょっとヨソ行きの顔をして、書店でお行儀よく並んでいるようすは、
まるで「嫁にいった我が子を見る」ような感覚です。
(・・・って、私、独身で、もちろん子供もいないんですけど)

発売されるようになって、今日で6日目。
いろいろな書店さんをのぞいては、
『焼くだけのお菓子 Vol.2』を見かけるたび、「じ~ん」としているゼブラでした。

f0054016_16135163.gif
←啓文堂書店・渋谷店さんのご協力で、店内のようすを撮影させていただきました。やはり、平積みになっていると目立ちますね!










f0054016_16163546.gif
←これ、編集者なら、だれもが一度はやったことがあるであろうイタズラ。だって目立たせたいんだもん!(もちろん、すぐに元に戻しましたよ)
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-11-06 10:46 | その他

発売開始!

いよいよ、昨日11/1より発売となりました。
もうお手にとって下さった方も、いらっしゃるでしょうか?

入手方法は以下のとおりです。

1.書店で購入する(取り扱い書店の一覧はコチラ
*書店で購入される方には帯(下写真参照)がついています。
帯についている応募ハガキを送ってくださった方の中から抽選で50名様に、
「デジタルばかり」(お菓子作りの必需品!)をプレゼントいたします。


f0054016_1622698.gif













2.ベターホームの料理教室で購入する(各教室の地図と電話番号はコチラ
*11・12月は、教室で直接お買い求めいただくと、会員価格で購入できます。

3.ベターホームの通信販売で購入する
*ネットショップのご利用の方はコチラから。
*お電話で申し込みの方は03-3407-0471までどうぞ。
(1冊の場合は送料100円をいただきます。2冊以上は送料無料で、お届けの日時を指定することができます)

4.また、全国の各書店から注文して取り寄せていただくこともできます。

『焼くだけのお菓子 Vol.2』を、
ひとりでも多くの方に読んでいただけたら、
そして、喜んでいただけたら、
こんなに嬉しいことはありません。
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-11-02 14:38 | お知らせ

できあがりました~!!

『焼くだけのお菓子 Vol.2』が、ようやくできあがりました。

苦節数か月・・・
まだ北風の吹き荒れる冬に始まったプロジェクト・・・
タイトなスケジュールで試作を繰り返し・・・
蒸し風呂のような真夏のスタジオでの撮影をこなし・・・
穴の開くほど、何度も何度もレシピを読み返し・・・
そんな手塩にかけた我が子が、産声をあげたのです。
納品された本の束を見たときは、「もう、この世に未練はない・・・」とすら思いました(笑)。

ヨシダさんやハヤカワさんと同じように、
実は子どもの頃から、お菓子づくりが大好きだったゼブラ。
同時に本も好きだったので、
「いつかお菓子の本を作れたらいいなあ」と思ってはいたものの、
そんなのは、どこか遠い国の話だと思っていました。
まさか叶う日が来るなんて、本当に夢のようです。

いよいよ、来週水曜、11/1が発売日。
自分でも早速10冊ほど買って、お世話になった方々にプレゼントしたいと考えています。
特に、離れて暮らしている両親には真っ先に・・・。
この本を見たら、「娘は東京でがんばっているのね」と、少しは安心してくれるかな~って。

都内のどこかの書店で、『焼くだけのお菓子 Vol.2』を買い占めている怪しい女を見かけたら、
「ああ、アイツがゼブラか」と思ってください。

f0054016_15412748.gif
[PR]
# by yakudake-okashi2 | 2006-10-27 15:41 | 製作の過程